メンタルケア

女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツ

更新日:

女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツ

女性というのはコミュニケーションを重視する方が多いですから、女性の多い職場では、人間関係が難しい状況になることがあります。

女性ばかりの職場にいる方で、様々なしがらみに苦しんでいるという方も多いのではないでしょうか。

今回は、女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツをご紹介していきます。

 

職場で怖い女同士の人間関係は笑顔で乗り切る

女性ばかりの職場で人間関係のごたごたを乗り切るためには笑顔や明るさをある程度鍛えることが最も有効です。

中には細やかな気配りで上手にさばいてしまう人もいますが、ここでは、対人関係が得意ではない方に向けて、「鈍感力」ベースでの対処法をお伝えしていきます。

 

1.陰口を理解できないキャラになろう

女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツ

女性の中には、コミュニケーションのために陰口や悪口を沢山言うのが好きなタイプの方が一定数います。

こうした人間はエネルギーに溢れているもので、周囲をまきこもうとします。

もしかしたら既に、グループや派閥が出来ているかもしれませんね。

あなたがこうした陰口に参加しても、いいことはありません。

職場の人間関係からできるだけ自由になりたいのであれば、誰かが陰口を言っている場面では、できるだけキョトンとした表情を作るようにして下さい。

何か理解をしてびっくりした表情をしたり、面白がっているようなそぶりを見せてしまえば、あなたは彼女たちの陰口の言い合いに巻き込まれてしまいます。

陰口を言う行為に参加するということは、言われる可能性を増やすことでもあり、心に常に疑いを忍ばせながら生きることを引き受けてしまうことでもあります。

スポンサーリンク

この代償は、想像以上にあなたの人生を蝕みます。

くだらない陰口なんかで自分の人生を振り回されたくなければ、キョトンとした顔で乗り切って、相手にしないよう努めましょう。

 

2.言いにくいことほど笑顔でハキハキ伝える

女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツ

相手の顔色を窺いすぎると、女性の多い職場では「暗黙の了解」のようなものが沢山できていきます。

こうしたことを一つひとつ覚え、守っていく作業は神経をすり減らします。

人間関係で細やかな気配りをして人生を振り回されたくなければ、暗黙の了解を作らせる余地を相手に与えないようにしましょう。

何か仕事を依頼されても、明るく大きな声で、笑顔で断りましょう。

空気を読んで引き受けてよ、というような、非合理的なムードを許さないキャラクターを貫いて下さい。

一度空気を読んで相手を立ててしまうと、女性の多い職場では、空気を読み続けなければならなくなることがあります。

 

3.派閥やグループとは距離を置く

女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツ

女性の多い職場の人間関係では、往々にして派閥やグループが存在します。

いくつかのグループがオーバーラップするように存在していたりもして、そのどろどろ具合や、目もあてられないほどです。

こうした烏合の一つひとつに気を使い、人生を無駄にする必要はいっさいありません。

巻き込まれたくないのであれば、どこにどんなグループがあるのかすら確認しないようにしましょう。

スポンサーリンク

意識しなければ、グループに沿った行動などとらないようになりますから、制約を受けることはなくなります。

誰かに忠告されたら、今はじめて知った!という顔で元気よく謝っておいたらそれで大丈夫です。

 

4.いつも同じ人と一緒にいない

女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツ

できるだけ沢山の人と関わるようにしておきましょう。

気が合う一人の人とずっと一緒にいたいかもしれませんが、もしあなたが人間関係の派閥などに巻き込まれたくないのであれば、色んな場所に味方を作っておく必要があります。

あなたを攻撃したらあちこちに告げ口されそうだという恐怖を、ボス猿のような人物に対して抱かせることができたら、職場での安泰はまずまず保障されます。

友達は職場の外で作ればいいので、居心地のいい一人の人とずっと一緒にいたいという思いを捨て、職場では薄い営業をしておきましょう。

 

5.アフター5を充実させる

女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツ

仕事が終わってから遊ぶ相手をできるだけ沢山作りましょう。

同業種ではなく、様々な世界の人と知り合い、自分の内面を充実させるよう努めて下さい。

女性同士のドロドロとした人間関係に巻き込まれてしまう人の多くは、小さなことで気を病み、自分の世界を大事にできない人です。

たとえ職場の全員に嫌われたとしても、職場の外に充実した自分の世界があるならば、必要以上に傷つくこともありません。

誰もが仕事の場ではお金を稼ぐために働いているのですから、ちょっと仲良くなれなかったからといって失敗にはあたらないのです。

 

6.愚痴を聞いてあげるのはほどほどにする

女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツ

女性は不安や不満の感情を言葉にしてアウトプットすることで安心を得る性質がありますので、愚痴を聞かされる機会は少なくないと思いますが、愚痴にはつき合い過ぎないようにしましょう

何よりもネガティブな言葉を聞いてばかりの生活を送っていると、あなた自信の心の健康を損なう恐れがあります。

スポンサーリンク

また、愚痴というのは往々にしてどこかで誰かの陰口に繋がっていきますから、ただそれを聞いていただけでも、はたからみるとあなたもいっしょになって誰かの陰口を言っていたことになるからです。

そうした印象を周囲に与えることは、不要なリスクを背負ってしまうことです。

愚痴を聞いているときに、「こういう反応をしてほしいんだろうな」と察するものがあるかもしれませんが、サービスはほどほどにしておきましょう。

良い聞き手を演じることで、愚痴っぽい人に目をつけられたとしても、それは幸せな出世には繋がりません。

 

7.男性社員を上手に巻き込もう

女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツ

女性が多くなると、互いに空気を読み過ぎて何かの物事が決まらないということが良くあります。

あなたが空気を読めないキャラを貫けているのであれば、ここでしゃしゃり出て決定を行っても問題はありませんが、もしそれがリスキーならば、人気のある男性社員を巻き込みましょう

女性は現代社会の中で未だに「男性を立てろ」と洗脳されて生きている人が多いですから、何か物事が平行線で進まないというときに、男性の指示があれば、彼を立てるという大義名分に納得できる心理構造をしています。

もちろん、そんな女性ばかりではありませんが、もし集団で硬直状態に陥っているのであれば、男性を巻き込んだほうが安全です。

 

8.ウソにならない程度に時々褒めよう

女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツ

女性は集団の中で、容姿や性格などの他者による承認を求めながら生きています

どんなに仕事ができる人であっても、承認欲求の満たされなさという点においては男性よりもはるかに複雑な精神構造をしています。

ですから、機会を見つけて、大袈裟にならない程度に相手を褒めるようにしておけば安全です。

誰かの良いところを見つけたら、それをできるだけ言葉に出して伝えるようにしておきましょう。

 

まとめ

ここまで、女ばかりの職場で人間関係に負けない8つのコツをご紹介してきました。

女性の多い職場は、柔らかい雰囲気で和気あいあいと素敵な空間になることもありますが、一歩間違えると戦場のような空間にもなりますよね。

できるだけこうした事故に巻き込まれず、自分の人生を歩みましょう。


関連記事

-メンタルケア

Copyright© メンタルが弱い人にオススメ!メンタルを強くする方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.