自律神経失調症

自律神経失調症に効果的な6つの市販薬とは?

投稿日:

自律神経失調症に効果的な6つの市販薬とは?

自律神経失調症のつらい症状は、普段の生活に大きな影響を及ぼしますよね。

めまいや頭痛、胃の不調など・・・。

その症状が慢性化すると、さらなるストレスを生んでしまいます。

そこで今回は、自律神経失調症に効果的な6つの市販薬をご紹介していきます。

 

1.自律神経調整剤の成分を含む市販薬

自律神経失調症に効果的な6つの市販薬とは?

まずは、自律神経に直接作用する市販薬です。

自律神経失調症の主な原因はストレスですが、その内容には様々な要因があります。

肉体的な不調や精神的不安定など、いくつかの要素が複雑に絡み合って発症することがほとんど。

根本的な治療には、病院で診断を受け、その要因を探っていかなくてはいけません。

患者さんの一部には、ストレスがあまり関係なく、先天的に自律神経が乱れやすい方がいます。

そういった方の治療には、自律神経調整剤と呼ばれる薬が処方されます。

「アリナミンEXプラス」には、病院で処方される自律神経調整剤と共通する成分が含まれています。

ガンマオリザノールと呼ばれるこの成分は、体内で生成されているノルアドレナリンの働きを活発にします。

スポンサーリンク

すると自律神経が刺激を受け、不安な精神状態や耳鳴りが解消されます。

そのほかの成分としてはビタミンやカルシウムがあり、これらの成分が、本来の薬の効能としてうたわれているように、肩こりや目の疲れを軽減したり、肉体疲労を回復するのに効果を発揮します。

 

2.自律神経失調症の「めまい」に効く市販薬

自律神経失調症に効果的な6つの市販薬とは?

ここからは、各症状に有効な成分を含む市販薬をご紹介します。

まずは、めまいに効くものから。

「トラベルミン」は自律神経失調症のめまいをおさえるのに有効です。

この薬に配合されている抗ヒスタミン剤と呼ばれる成分が、ヒスタミンという物質をブロックします。

また、もう一つの成分であるテオフィリン製剤と呼ばれるものが、内耳の血流を増やし、めまいを改善すると考えられています。

昔からある薬で、多くの人々に愛用されてきましたが、副作用には注意が必要です。

眠気や喉の渇きを引き起こすため、車の運転や、会議の前などには注意してください。

 

3.自律神経失調症による「下痢」や「便秘」に効く市販薬

自律神経失調症に効果的な6つの市販薬とは?

ストレスフルな日々が続き、自律神経が乱れてくると消化吸収がうまくいかなくなり、腸の動きも鈍くなったり過敏になったりしますよね。

お腹の調子がすぐれないと、毎日の生活が憂鬱なものになってしまいますね。

「ビオフェルミン」にはいくつかのシリーズがありますが、どれも自律神経失調症による腸の不調を緩和させます。

スポンサーリンク

「下剤」と呼ばれる薬の場合、腸の蠕動運動を強制的に引き起こすものであるため、慣れない方が使うと腹痛になってしまうことがあります。

また、下剤を高頻度で使用するうちに腸が本来持っている排出する力を一時的に弱めてしまうことがあります。

ビオフェルミンは、ビフィズス菌をはじめとする、腸にもともと存在する善玉菌を主成分としています。

ビオフェルミンを飲むことで腸内の細菌バランスが整い、腸本来が持っている自然な蠕動運動を誘発します。

腸は第二の脳と呼ばれるほど、私たちの心と体に大きな影響を及ぼしています。

できるだけ無理のない形で、ベストなバランスを保てるようにしてあげたいですね。

 

4.自律神経失調症の「不眠」に効く薬

自律神経失調症に効果的な6つの市販薬とは?

「ドリエル」は不眠を改善します。

この薬に配合されている眠くなる成分は、もともと花粉症の薬などに使用される、抗アレルギー薬です。

鼻詰まりを止める市販薬を飲んだときに、眠くなってしまった経験のある方もいるのではないでしょうか。

ドリエルは、その副作用を利用して、睡眠を補助する薬として販売されています。

ただし、睡眠「補助」剤は、いわゆる「睡眠剤」と呼ばれる薬とは違い、穏やかに改善を目指すものです。

使用しても眠れない場合は、病院での診断を受け、より有効な睡眠導入剤を処方してもらいましょう。

睡眠は体を休めるための基本的な行動です。

うまく眠れないということは、その基本の部分が狂うほど疲れているということでもあります。

不眠が続くとさらなる病気や、ふとした事故などの危険性も高まります。

スポンサーリンク

効かないと思ったときには早めに医師へ相談しましょう。

 

自律神経失調症に効くサプリメント2選

自律神経失調症に効果的な6つの市販薬とは?

最後に、自律神経失調症の原因となるストレスにを改善させるサプリメントをご紹介します。

薬ほど強力ではありませんが、ドラッグストアーで簡単に手に入るため、試してみてはいかがでしょうか。

 

1.ギャバ

ギャバは発芽玄米などに多く含まれる成分で、自律神経を整える働きがあります。

また、イライラした気分を穏やかにする作用もあります。

寝る前に飲むと、睡眠の質が上がることも分かっています。

ストレスが多くて、寝ているのに寝た気がしないという方にはお勧めのサプリメントです。

 

2.DHA

こちらも、イライラを抑える成分です。

そのなかでも特に、攻撃的な気分を穏やかにする効果があります。

脳の伝達経路を整理し、過度な刺激が行き交わないようにしますので、冷静な状態が維持できます。

攻撃的な気分になってしまい仕事が手につかない!というような方は、試してみてください。

脳への刺激が整備されるだけで、心が安定するはずです。

 

まとめ

自律神経失調症に効果的な6つの市販薬とは?

ここまで、自律神経失調症に効く市販薬とサプリメントについてご紹介してきました。

悩んでいる症状に効く薬は見つかりましたか?

お腹の調子が悪かったり、眠りが浅い日が続くと、どんなに「ストレスをためるな」と言われても無理がありますよね。

まずは症状を薬で緩和して、それから生活習慣を見なおしていく、というのも一つの方法です。

市販薬を上手に取り入れて、自律神経失調症を改善していきましょう!


関連記事

-自律神経失調症

Copyright© メンタルが弱い人にオススメ!メンタルを強くする方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.