自律神経失調症

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

更新日:

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

自律神経が乱れ始めると、汗が止まらなくなったり、逆にまったく汗をかかなくなったりと、今までとは違った発汗のしかたをするようになります。

今回は、自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法についてご紹介していきます。

 

汗の異常は自律神経の乱れのサイン

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

自律神経は、交感神経と副交感神経でできています。

このうち交感神経は、緊張したり急いで仕事をしたりといった、活動的な場面で活発となる神経です。

交感神経は、汗の排出をする「汗腺」に刺激を与えます

わたしたちが日中活動するときは、交感神経が優位になっています。

適度な発汗を行うことで、昼間活発に動く私たちの体の体温調整をしてくれているんです。

しかし、緊張状態が長く続いたり、ストレスが多い環境でいつもピリピリしていたりすると、夕方や夜になっても交感神経が鎮静化しないことがあります。

そうすると、本来優位になるはずの副交感神経がうまく働かなくなります。

このような状態が続くと自律神経失調症と呼ばれる総合的な不調の状態に陥ります。

交感神経が過度に活性化すると汗腺が刺激され続けてしまい、汗が止まらなくなることがあります

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

スポンサーリンク

緊張しているとき、暑くもないのに腋の下や手足に汗をかくことがありますよね。

これは体がストレスを察知して、防衛反応を起こすためです。

ですから、急に前触れもなく汗をかくようになったという方は、交感神経が優位になりすぎている、自律神経が乱れている可能性があるのです。

自律神経の乱れからくる汗の見分け方として、部分的な発汗というものがあります。

顔だけ汗をかく、手だけ汗をかく、というような症状ですね。

全身が温まっているのではなく、その場所だけが熱い、というのも特徴です。

急にこのような症状が出始めた方は、自律神経の乱れを疑いましょう。

 

自律神経の乱れによる汗の止め方3選

自律神経の乱れからくる汗は、急激で大量のこともありますから、顔などから汗をかく方の場合はとても困りますよね。

顔汗のせいで人前にでることが憂鬱になったり、さらなるストレスになったり・・・。

ここからは実際に、自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法をご紹介します。

 

1.汗に対する考え方を変える

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

まずは、今後ストレスが加速していかないために、汗を必要以上に気にしてしまうマインドをリセットしましょう。

そのことが、結果的に自律神経を整え、汗を止めることに繋がります。

後ほどご紹介する薬などを利用しながらでも大丈夫ですので、少しずつ意識を変えていって下さい。

スポンサーリンク

汗というのは、体の体温を調整するための大事な役割を担っています。

また、汗を流すことで私たちの体は老廃物を輩出することができるんです。

そういった意味では、汗をまったくかけない体であるよりは、汗をかける体のほうが健康なんです。

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

自律神経の乱れは、恐怖心や緊張、自己に対する否定的なイメージを持ち続けることで起こります。

汗をかいている自分っていやだな・・・と思い続けることは、交感神経を刺激してしまうのです。

頑張って汗をかいて、ピンチを乗り越えようとしている自分の体を、まずは受け入れてみませんか?

よく頑張っているね!と声を掛けてあげてもいいぐらいです。

あなたの体は頑張っています。

その頑張りを認めてあげることで自己イメージがポジティブなものになり、交感神経が少しずつ、鎮静化していきます。

 

2.体質を改善する

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

次はもう少し具体的に、自律神経の乱れを整えるアプローチです。

音楽療法や食事療法、ツボ押しなど様々な方法で、自律神経の乱れは改善することができます。

ご自身に合ったものを選んで、生活に取り入れていって下さい。

汗の匂いが気になるようでしたら、アロマや入浴の習慣がお勧めです。

お風呂に入る前に、コップ1杯から2杯のお水を飲んでおきましょう。

スポンサーリンク

ぬるめのお湯にラベンダーの精油を垂らし、半身浴をして下さい。

自律神経は、急激な温度の変化が原因で乱れることも多くあります。

空調のきつく効いたオフィスと外とを行き来することが多い方は、体の体温調整機能が疲れ切っている筈です。

ですから、お風呂に入るときは、ゆっくりと体温を上げるイメージで、長時間お湯に浸かって下さい。

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

浴室に好きな香りを漂わせることで呼吸が自然と深くなります。

深呼吸を繰り返すと、副交感神経が優位になりやすいんです。

じわじわと体温が上がると、汗が全身から噴き出してきます。

体をお湯に浸けているので、顔だけが汗をかいていると誤解されがちですが、お風呂に入っている時は全身から大量の汗をかいているのです。

リラックスした状態で汗をかけるようになると、体臭も改善されて行きますし、なによりも自律神経が整っていきます。

 

3.塗り薬や飲み薬で汗を止める

色々な方法があり、体質改善が大事なことは分かっていても、今すぐ汗を止めたいときってありますよね。

大事な商談やデートで顔や手から大量に汗をかいてしまったら、何よりも自分が落ち込んでしまう気持ち・・・。

ゆっくりと自律神経を整えて、汗を改善していきながらも、ここぞというときに使える薬をご紹介します。

サラフェ」は汗をかきやすい場所に塗ると発汗しなくなるというジェルです。

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

通常の制汗剤と違い顔に使用できること、肌の弱い人でも比較的荒れにくい処方となっていることから最もおすすめの塗り薬です。

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法サラフェ

合成香料・着色料・鉱物油・パラベンといった添加物を配合していません。

また、お化粧の上から塗っても効果を発揮するのが女性にとっては嬉しいですよね。

もちろん塗り薬ですから、男性でも問題なく使えます。

これより強力な塗り薬としては、「パースピレックス」があります。

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

こちらは水と反応する仕組みになっており、汗腺深部に角栓を作ることで汗の出口にフタをし、物理的に汗をかかなくする、というものです。

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法パースピレックス(デトランスα) 

個人差があるようですが、一度塗ると3日~5日ほど効果が持続します。

ただし、こちらは先程ご紹介した「サラフェ」よりも刺激の強い成分が配合されていますので、肌の敏感な方はご注意ください。

最後にご紹介するのは飲み薬「プロバンサイン」です。

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

こちらはファイザー製薬から販売されている、神経系の薬です。

市販はされていないため、病院で処方してもらう必要があります

保険が適用されるため、比較的安価で手に入れることができます。

プロバンサインは「抗コリン薬」と言い、アセチルコリンという神経物質を抑制します。

この物質が抑制されると、脳から「汗をかけ」という指示が出なくなります

こちらの薬は即効性がありますが、体液に作用するため、喉の渇き等の副作用が出ることがあります。

そのほかにも、めまい、頭痛、便秘等の副作用が報告されています。

あくまでも大事な場面での一時的な利用と捉え、体質改善も同時に行っていきましょう。

 

まとめ

自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法

ここまで、自律神経の乱れによる汗を止める3つの方法をご紹介してきました。

役に立ちそうな情報はありましたか?

短期的にも長期的にも、汗によるストレスから解放されて、快適な日々を目指しましょう!


関連記事

-自律神経失調症

Copyright© メンタルが弱い人にオススメ!メンタルを強くする方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.