メンタルケア 人生うまくいかない

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

更新日:

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

人生に疲れた。

周囲の人間関係にうんざりしている。

何をやってもうまくいかない、うまくいきっこないから、もう何もしたくない。

無気力にさいなまれる瞬間って、きっと誰にでもあります。

でも、そんな状態が続くと、つらいですよね。

ここでは、人生に疲れた時に効く、楽になるための4ステップをご紹介していきます。

 

【STEP1】人生に疲れたなら目を閉じて息をする

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

心が憂鬱になっているときは、呼吸が浅くなっています

浅い呼吸を繰り返していると、肩が凝り、体に十分な血液や酸素がいきわたらなくなります。

そうすると思考力が低下して、同じことを何度も考えるようになってしまうのです。

ひとの思考回路には、それぞれにクセみたいなものがあります。

これは、脳の学習機能によるものです。

脳は、一度起きたことを覚えていて、次に似たようなことが起きた場合に以前のことを思い出し、対処することであなたを生き延びさせようとします。

スポンサーリンク

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

ですから、ネガティブな思考回路を繰り返すと、ネガティブな考え方を脳が学習してしまうのですね。

マイナスのイメージに対して太くて短い、しっかりとした道が刻まれていきます。

そうすると、「ポジティブになろう」と意識して頑張っても、すぐにはそうできない。

こうした負のスパイラルから解放されるためには、沢山の酸素を脳に送り込んで、脳のキャパシティを広げてやることが重要です。

 

あなたを癒す呼吸法

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

楽な姿勢で背筋を伸ばし、目を閉じましょう。

口を軽く閉じ、鼻から息をゆっくりと吸い込んでください。

息を吸いこんだときにお腹を膨らませ、肺の隅々にまで新鮮な空気をたっぷりと送りこむようにします。

奥歯を噛みしめないように意識してください。

吸いきったら、ゆっくりと鼻から息を吐き出します。

お腹をぺたんこに凹ませるようなイメージで吐きましょう。

この呼吸を、5分程度続けてみて下さい。

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

スポンサーリンク

終わった時ゆっくりと目を開けると、呼吸をはじめる前よりも視界が明るくなったとこに気が付くはずです。

酸素が十分に行きわたると、視界に明かりが差したようになります。

何か考え事をするときは、こうした、ゆったりとした呼吸を行った後で考える習慣を付けてみましょう。

いつもの通い慣れた「ネガティブ回路」ではなく、元気になった脳が、より広い視野で思考を初めてくれるはずです。

 

【STEP2】人生に疲れたならノートを広げる

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

深い呼吸でリラックスできたら、一冊のノートを用意しましょう。

それから、好きな色のペンを手に持って下さい。

いつもの黒いペンでも構いませんが、色による視覚への刺激はあなたの脳を活性化させます。

好きな色を使って、事実を整理していきましょう。

まず、あなたは人生に疲れたと感じている。

構わず、書いてしまいましょう。「人生疲れた」と。

言わずに堪えていると、毒が内側で溜まってしまいます。

それから、その一文の横に「?」と書き足してみて下さい。

「人生疲れた?」本当にそう?と問いかける文章になりました。

この問いから、思考を始めましょう。

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

スポンサーリンク

なぜそう感じるのか、整理していきます。

例えば、以下のような項目で進めてみて下さい。

  • いつから「人生疲れた」と思い始めたのか?
  • どのぐらい疲れたのか?
  • あなたの今の人間関係に問題はあるか?
  • あなたの今の健康状態は良好か?
  • あなたの今の経済状況はどのようか?
  • あなたが現在、一番心配なことは何か?
  • あなたが将来、一番不安を感じることは何か?
  • あなたが現在、一番楽しく感じていることは何か?
  • あなたが将来、一番楽しみにしていることは何か?

これらの項目に答えを書きながら、自分にとって一番負担になっている具体的な要素を探し当てましょう。

将来に対する不安なのか、現在の困難なのか、この点だけでも対策は随分変わってきますよね。

また、これらの項目で特に原因らしきものが見当たらない場合もあります。

体は健康だし収入も安定している、人間関係にも目立ったトラブルはない。

でも、とにかく人生疲れた、何もやる気が起きない・・・。

こうした方の場合、まずは「体に聞いてみる」ことです。

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

大きな病気をしていなくても、リラックスできず眠りが浅くはありませんか?

あるいは、眠りすぎて朝起きられず、長時間睡眠をとっても起きた時には疲れていたりしませんか?

そうした方の場合は、体がリラックスできていない、自律神経失調症の状態です。

生活リズムを整えることで、「なんとなくだるい」感じが解消されることがあります。

また、体が本当に健康で心配事もない、それでもやる気が沸いて来ない、人生に興味が持てない場合。

それは、その「安定」こそが原因です。

同じことをずっと続けるという状態に、あなたの大脳がストレスを感じています。

何か新しいことを始めましょう

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

いつも使っているカフェを変えたり、普段は着ない洋服にチャレンジしたり、資格の勉強を始めたり、何でもいいです。

何もする気が起きないときほど、何かをすれば元気になることもあります。

ワクワクするような新しいイベントを、自分の人生に作ってあげて下さい。

 

3.人生に疲れたなら半日断食をする

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

人の体は、食べたもので作られています。

そして人の心は、体によって大きな影響を受けます。

もしもあなたが忙しい生活をしていて、ジャンクフードや油もの、肉類中心の生活になっているのであれば、半日断食をしてみましょう。

消化器官は、休むことなく働き続けています。

毎日消化しづらいものばかりを食べ続けていれば、胃や腸はへとへとになっているはずです。

特に腸は、「第二の脳」とも呼ばれるほどわたしたちの感情に大きな影響を及ぼす存在です。

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

内臓に与えるノイズを減らせば、体が静かになっていくのが分かります。

PCだって、色々なタスクが立ち上がった状態では満足なパフォーマンスを発揮できないですよね。

人間だって同じことで、一度タスクを切ってあげれば、調子を取り戻すことが出来ます。

断食の間、体がどんどん静かになって、心をネガティブにするノイズも取り払われていきます。

沢山のタスクを起動させ続けていれば、人生に疲れたと思うのも当然です。

内側からリセットしましょう。

 

半日断食の方法

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

半日断食は、その名の通り、18時間以上何も食べないという断食方法です。

1日分の朝食・昼食・夕食、全てを抜きます。

また、断食中はもちろん間食も禁止です。

前日の夕食後、お水以外は何も摂らないようにします。

実施中は水分を意識的に摂るよう心がけて下さい。

また、いきなり食事を完全に断つのが苦しい場合は、野菜ジュースだけは飲んでいい「プチ断食」など、色々な方法がありますので、自分に合ったものを探して、トライしてみて下さい。

断食翌日の朝食は「復食」と呼ばれ、おかゆやおもゆなどを食べます。

胃が空っぽの状態で摂取するため、間違っても味の濃いものや肉類などで刺激を与えないようにして下さい。

リセットされた内臓は、いつもよりずっと繊細になっています。

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

そんな時にこそ、消化に優しいものを取り入れて、いたわってあげましょう。

元気になった体があるからこそ、「人生疲れた」状態から抜けだせるのです。

 

4.人生に疲れたなら「感謝」を探す

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

何もやる気が起きない時や、憂鬱な気分にずっと包まれている時は、思考の逃げ場がない状態です。

深い呼吸をし、ノートで現状を整理し、断食で体を整えたなら、いよいよ心をリセットする番です。

特別に難しいことはありません。

何か1つ、なんでもいいから、「ありがとう」「ありがたい」と感じられることを探してください。

今の自分に対してでもいいですし、昔に支えてくれた誰かでもかまいません。

もちろん、人生に疲れたと感じるぐらいですから、そう思う理由とするには十分な、あなたにとっての「ひどいこと」「つらいこと」「大変なこと」がここにあるでしょう。

しかし、つらい気持ちというのは、何よりもつらいことにフォーカスをしていく心によって増強されます。

悲しみや無力感をしっかり味わえるというのは、あなたが全力で生きているということの証拠です。

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

たとえばそんな自分に対して、ほんの少しだけ感謝をしてみる。

「人生に疲れた自分」に集中する心の焦点が少しだけ広がって、思考回路がスイッチされます。

あるいは、親や親友に。

もちろん、人間関係は人それぞれですから、丸っきり感謝ができるような人間か傍にいない、いままでもまわりにいなかった、ということもあり得ますね。

感謝をする対象は、人そのものでなくともかまいません

「あのときああしてくれた」という一瞬の行為に対してだったり、心地よい風に対してだっていいんです。

何かとてつもない綺麗ごとのように聞こえるかもしれませんが、ここで重要なのは感謝をする「行為」ではなく、そうすることであなたにもたらされる「結果」のほうです。

一点に集中してしまう思考をほぐしてやるには、「感謝」という行為は非常に有効なのです。

どうしたって良いところ、他人とのポジティブなかかわりについて考えることになりますからね。

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

つらいことや、どうにもならないことを、今すぐ、無理に解決する必要はありません。

どうしても許せないことだってあります。

ただ少しだけ、自分の中に、そうした感情とは違う種類の気持ちを見つけてみて下さい。

それはもともと、あなたの中にあるはずのものです。

ちょっとの間、呼吸が浅くなっていたり、変な癖がついてしまったから、見えづらくなっていただけ。

ここまでのステップを終えた、静かな心と体ならば、それが分かるはずです。

自分を虐める感情ではなく、自分を好きになれるような感情を、掘り起こしてみましょう。

 

まとめ

人生に疲れたときは目を閉じて!楽になるための4ステップ

ここまで、人生に疲れた時に効く、楽になるための4ステップについてご紹介してきました。

納得できる箇所、自分とあてはまる場所がありましたか?

全てを取り入れなくても、呼吸だけ、ノートだけ、など、あなたに合った形でトライしてみて下さい。

人生に疲れた時は上手にリセットして、穏やかな自分を取り戻しましょう。


関連記事

-メンタルケア, 人生うまくいかない

Copyright© メンタルが弱い人にオススメ!メンタルを強くする方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.