メンタルケア

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

更新日:

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

自分を変えたい、人生を変えたいと思ったときに、どんなことをしたくなりますか?

多くの人は、旅行をしようと思いたつようです。

実際に、人生観を変えたいと思った人が海外旅行やインド旅行について調べているようです。

そこで今回は、旅をしたら人生観が変わる6つの理由についてご紹介します。

旅行を計画している人も、予定はないけど人生観を変える体験に興味がある人も、参考にしてみて下さい!

 

1.旅には人生観が変わる情報が満ちている

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

普段暮らしている場所と比べ、旅で訪れる土地というのは、新しい情報に満ちています

知らない人々、食べたことのない食べ物、普段とは違う言葉、見慣れない地形・・・。

日常生活で歩く100メートルと、旅先で歩く100メートルは全く違ったものになります。

例えば、インドのデリーやムンバイは商業都市として非常に多くのビジネスマンを排出していますが、その華やかな通りのすぐ陰にはスラム街があり、彼らの食費は、近くで暮らすビジネスマンたちの食費の30分の1にも満たない金額です。

それから、物乞いも多くいます。

身なりのいいビジネスマンが物乞いを無視して足早に通り過ぎたかと思えば、スラム街に住んでいる貧しい人々が、その路上生活者に施しを与えていたりします。

こうした光景は、日本で生活をしていてもなかなか目にすることができないものであり、本当の豊かさってなんだろう?と考え始めることで、人生観が変わっていくでしょう。

スポンサーリンク

 

2.旅には人生観を変えるような人との関わりがある

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

旅行をすると、土地の情報を仕入れたり、道に迷ったりして、現地の人々に話しかける機会が多く訪れます。

普段住んでいる場所で生活をしていると、見知らぬ人に自分から話しかけるという機会は、意外とないものですよね。

人との距離が近くなることで、日々の暮らしのなかではいかに限られた人間に囲まれて生きてきたのかを実感するはず。

アジアを中心とした海外の旅行では、知り合いでもない人から次々と声を掛けられることも多いです。

インドでは、近年こそスーパーマーケットなども増えはじめてはいますが、まだまだ多くの場所では、日用品などを入手する際に個人商店で買い物をする必要ががあります。

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

多くのお店には、商品に値札がついていないので、「これはいくら?」という問いかけから買い物が始まります。

また、相場を知らなければ市場価格の10倍程度の値段をふっかけられるのは日常茶飯事。

石鹸一つ買うにしても、事前に相場を調べ、お店の人と交渉をし・・・。

とにかく人との距離が近い国では丸一日誰とも喋らずに生きていくこともできる日本と比べると、人生観が変わること請け合いです。

 

3.旅行者同士の出会いで人生観だって変わる

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

海外旅行でユースホステルや民泊などを利用すると、同じように他の国から訪れている沢山の旅行者たちと出会うことになります。

そこでは異邦人同士ならではの情報交換が生じるはず。

スポンサーリンク

ここに至るまでに訪れた土地や、地図の入手方法、地下鉄の乗り方、観光スポットの実際の印象・・・。

旅仲間としての連帯感から、あっという間に打ち解けてしまうことも

そこから、唯一無二の親友になったり、恋が生まれることだってあるんです。

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

旅に出ると、思ってもないような新しい出会いがあなたに訪れます。

新しい人間関係こそが、あなたの人生観を広げてくれる重要な存在となるでしょう。

 

4.雑多な文化に触れることで人生観が変わる

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

日本のように単一民族をうたい、文化的に統一志向の強い国というのは世界的にみれば少数派です。

ヨーロッパでも中東でも南アジアでも、他の国に行けば必ず、幾つかの宗教、複数の人種からなるハイブリッドの文化が存在しています。

確かに日本にも、コリアンタウンをはじめとする移民地区というのは存在していますが、日常生活の中では見えづらくなっているという傾向があります。

他の国だからこそ、外国人の目から見ることでわかる、文化の雑多さがあります。

目に見えて分かる様々な人種が共存する場所に足を踏み入れれば、小さなコンプレックスや妙なプライドなど、取るに足らないものだと思えて来るはず。

色々なバックグラウンドを持つ人間と触れ合うことで、世界の広さを感じるはずです。

 

5.色とりどりの景色に囲まれて人生観が変わる

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

緯度や経度に応じて自然環境も変わりますから、国が変われば目に映る景色も変化します。

赤道直下のエリアでは極彩色の植物や鳥たちに囲まれた景色があふれていますし、寒い地域ではくすんだ色合いの景色が広がっています。

スポンサーリンク

人間の色彩感覚は自然環境によって培われていますから、住むエリアの景色の彩度・明度によって、色彩感覚が変わります。

旅先で、普段は手に取らないような洋服を買ってしまったという経験を持っている方も多いのではないでしょうか。

色彩というものは、カラーセラピーという療法が存在するほど私たちの心に大きな影響を及ぼす要素です。

普段目に飛び込んでくる色が、私たちの心を形作っているのです。

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

落ち着いた色合いの地域に行けば心が静かになりますし、ビビットカラーに囲まれたエリアに行けば、活動的になります。

自分を取り囲む色彩が変わり、色彩感覚が変わることで、人生に対する姿勢も大きく変わるはずです。

 

6.普段の生活から離れることで人生観が変わる

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

旅に出ると、本来の自分の人生に存在すると思っている色々なこと、義務や仕事やしがらみや、そういったものから解放されます

普段、何か新しいことをしたいなと考えても、「いやでも今の仕事をやめるわけにはいかない」とか「そんなお金ない」とか「親に申し訳ない」とか、様々な要素が想像力にブレーキを掛けますよね。

旅先では、こうした枠組みを全て取っ払い、自由な発想で自分の人生を見つめることができます。

逃れられない現在の状況ではなく、本来的に自分が何をして生きていきたいのか。

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

想像力のブレーキを外せば、今までとはまるで違った角度から自分の人生が見えてきて、思いもよらないような道が開けることだってあるんです。

 

まとめ

自分探しをしよう!旅をしたら人生観が変わる6つのポイント

ここまで、旅をしたら人生観が変わる6つの理由についてご紹介してきました。

旅をしようと考えていた人も、そうではない人も、参考になるところがありましたか?

日常の場を離れることで、新しい角度から人生を見つめ直してみましょう!


関連記事

-メンタルケア

Copyright© メンタルが弱い人にオススメ!メンタルを強くする方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.