メンタルケア 人生うまくいかない

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

更新日:

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

ふとした行動が、人生を蝕んでしまうことってありますよね。

何が自分の人生をダメにしているかということは、自分自身では癖になっていたりして、意外と気づくことの出来ないものです。

そこで今回は、対人関係から人生をダメにする6つの習慣と、仕事の面で人生をダメにする4つの習慣、という2つの面から、「あなたの人生をダメにする10の習慣」についてご紹介していきます。

 

対人関係から人生をダメにする6つの習慣

人生をダメにする言動の中でも、まずは対人関係の基礎部分で起こりがちな悪い習慣をまとめました。

人生にとって良くない悪癖をチェックし、当たり前になってしまっていることがないか、振り返ってみて下さい。

1.被害者になりきる

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

どんな場面でも、自分が被害者であることを疑おうとしない人は、物事を一面的にしかとらえることができない人です。

相手の立場に立って考えるということは、「自分は被害者だ!」という意識から一度降りて、想像力の翼を広げるということ。

ひどい目にあったときに悲しんだり怒ったりするのは、人として当然の反応。

でもショックが去って一度落ち着いたら、なぜこんなことが起きたのか、そのとき相手と自分との間にどんな問題が発生していたのか、考えてみましょう。

議論の可能性を奪う被害者意識は、あなたの人生を失敗へと導きます。

 

2.根拠もなく親しい人に期待をする

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

誰かと親しくなると、知らず知らずの間に相手への期待が大きくなってしまうという体質の方は意外と多いようです。

スポンサーリンク

恋人や配偶者、毎日会う職場の友人など、一度あるラインを超えてしまったときに、「この人は仲間だ!」と思いこんでしまうことってありますよね。

ただ、それが行き過ぎると、かえって人間関係を破壊する原因になります。

これだけ親しいのだから、気持ちを分かってくれるはず、と思いこんだり、これだけ毎日会っているのだから、自分に対して親切にしてくれるだろうと期待したり。

実際には論理的根拠の乏しい期待を相手に寄せることは、寄せられる側の心の負担を増やすばかりではなく、その期待が裏切られたときにあなたの心に生じるショックをいたずらに増やすことにもなります。

親しい人に無根拠な期待を寄せるのではなく、親しい人だからこそ、期待に沿えない行動をされても許せる心を持てるようにマインドを変えていきましょう。

他者の好意に心を委ねること自体が、あなたの人生に無駄な変数を増やし、失敗の原因となります。

 

3.与えた愛情の見返りを求める

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

大事な存在から甘えられたり、困っているのを見たりしたときに、少し無理をしてでも助けてしまった経験はありませんか?

それ自体は素晴らしいことですが、こういうことをすると、あとあとの心の持っていき方に注意が必要となります。

甘えてきた相手、助けを求めてきた人間が、お礼を言わなかったり感謝のそぶりをみせなかったりしたときに、あなたはどう感じるでしょうか。

お礼が欲しくて助けたわけじゃないから、と心の底から思えるのでなければ、二度とその人を助けてはいけません。

相手のためにもなりませんし、いつか見返りが返ってくるはずだ心のどこかで期待しながら自分の人生をすり減らす行為は、無駄な執着を生むだけです。

与えた愛情の見返りを求めるぐらいなら、初めから愛情を与える対象をしっかり見極めて、自分の時間を大事にして下さい。

 

4.疑心暗鬼になる

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

スポンサーリンク

自分に自信がなかったり、物事が変化する局面にいたりすると、疑心暗鬼になる瞬間があります。

何かを疑うという行為自体は、生きていくうえで必要なことです。

ただし、身近な人々の好意や善意を、やみくもに疑い、試すようなことをしてはいけません。

その疑惑自体が、「自分が安心したい」というわがままから生じており、疑われる人間に負担をかける好意なのです。

相手の負担や、疑われることの哀しさ、わずらわしさを考慮せず、自分が安心したいという利己的な理由だけを楯にして強引な行動をとるような人間からは、段々周囲の人間がいなくなります。

信じたい、安心したいという気持ちは誰もが持っています。

でも100%信用できる人間なんて、基本的には存在しません。

自分が強くなることを放棄して、誰かを信じることで空疎さを埋め合わせようという思考を捨てなければ、人生が駄目になりますよ。

 

5.回りくどい言い方で文句を伝える

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

不満があったときに、遠回しにチクチクと文句を伝えてはいませんか?

こうしたコミュニケーションを利用すると、文句を言われた相手はハッキリ謝る機会も持てないし、話し合うきっかけもつかめないので、ただモヤモヤと嫌な気持ちだけが溜まっていきます。

回りくどい言い方をした方は、「はっきり文句を言っていないから大丈夫だろう」と思っているかもしれませんが、あなたが不満を抱いていて、陰湿な方法で攻撃をしかけてきたことは、相手にはしっかりと伝わっています。

面と向かって文句を言う強さがあれば、言われた方も弁解の余地がありますし、議論の可能性が開けてきます。

ただ、どちらともつかないような曖昧な表現で感情のみを伝えることは、問題の解決にはなりませんし、ただ関係性を悪化させるだけです。

遠回しに文句を言われた人間は、あなたのことを避けるようになります。

回りくどい文句を言うことが癖になっている方は、それが自分の人生を台無しにしてしまっているということにそろそろ気づいて下さい。

スポンサーリンク

 

6.気持ちを言葉にして伝えない

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

もっとこうしたいな、それは嫌だな、本当は嬉しいな。

隠している色々な感情を、時には伝えることが出来ていますか?

時々、自分の感情を表現することが、弱みを見せることだと勘違いしている人がいます。

大事な人にしっかり愛情表現をしたり、お世話になっている人にはっきり感謝の言葉を伝えたり、迷惑に感じていることをしっかり伝えて状況を改善させたり。

ポジティブな感情もネガティブな感情も、表現することを我慢していても、状況は変わっていきません

人はコミュニケーションを通じて集団生活のメンテナンスを試みる生物です。

言葉というツールを使って意志を疎通させる努力を怠れば、人生がつまらないものになっていきますよ。

 

仕事の面で人生をダメにする4つの習慣

次に、特に仕事の面で起こりがちな、人生に悪い影響を与える習慣についてご紹介します。

仕事とは、自分自身の成長の可能性を試すことの出来る場所。

そうした場面での間違った態度や心の持ち方を正していければ、成長可能性は飛躍的に向上します!

7.言い訳を考えることに時間をつかう

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

仕事ができなかったときや、予定よりも遅れているときに、どう言い訳をしようかと考えることに時間をつかっても、基本的には無意味です。

あっさり謝って、早い段階で対処法を話し合いましょう。

結果が出ていない状態で、どうやって同乗して貰おうかと考えても、一時的には難を免れるかもしれませんが、最終的には信用を得ることはできません。

言い訳を繰り返し、ミスを重ねる人間に対して、周囲の人は面と向かって非難することはあまりありません。

ただ、心の中で軽蔑をし、いざというときにあなたのことを切り捨てるでしょう

今この瞬間を乗り切ることではなく長い目で見て、人から信用される自分というブランドを作っていきましょう。

 

8.短期的なスパンでしか仕事を捉えない

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

目先の納期や、今月の数字だけに捉われて仕事をすることは、あなたの人生を豊かにしません。

たとえば二年後、三年後を見据えたうえで、今の仕事をしているとすれば、結果は同じでも、過程が大きく異なってくるはずです。

いずれ必要なスキルを磨くために回り道をする必要があるかもしれませんし、クライアントとの信頼関係を一年以上持たせることを考えたら、小さな金額から契約を結ぶ必要があるかもしれません。

短期的なスパンだけで、今褒められる結果だけを追う仕事をすることは、あなたの人生をダメにします。

 

9.いつまでも上司に頼ることしか考えない

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

上司は自分のミスをフォローしてくれる存在だとばかり、考えてはいませんか?

もちろん基本的には、良い上司というのは部下の失敗をかばったり、知らない仕事を教えてくれたりしてくれます。

ただし、これが当たり前と思っていては、仕事の場であなたのレベルが上がることはまずありません。

上司をどのようにサポートするか、上司がミスをした場面で自分がどう立ち回れるかというイメージをしたことはありますか?

子はいつの日か親を超えるものです。

追い抜き、学んだことをお返しすることを考えて、自分の人生を一歩前に進めましょう。

 

10.勉強をしないのに自分の力を信じる

繰り返さないで!あなたの人生をダメにする10の習慣

自分はできる人間なんだ、やればできるんだ、と自信を持つのは良いことです。

ただし、何の努力もしていないのに自信を持ち続けていたら、自分は特別な存在なんだと考えたまま、何も残さずに死んでしまう一生を送るハメになるでしょう。

あなたの人生をダメにしないためには、根拠のある自信を手に入れる必要があります。

「自分はできる」を裏付ける結果はありますか?

その結果が「まぐれ」ではないことを証明する「努力」や「工夫」の史跡はありますか?

根拠のある自信を手に入れた時、あなたの人生は一人よがりであることをやめ、真の輝きを手に入れるのです。

 

まとめ

ここまで、あなたの人生をダメにする10の失敗習慣についてご紹介してきました。

思い当たる癖や思考法はありましたか?

より良い人生を掴むために、人生に悪い習慣と訣別し、未来を変えていきましょう!


関連記事

-メンタルケア, 人生うまくいかない

Copyright© メンタルが弱い人にオススメ!メンタルを強くする方法まとめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.